イヤイヤ期 ♡ こそ チャンスです

先日、高校の同級生と、久しぶりに会いました。

もしかしたら20年近く会ってなかったかもしれません。

話の中心はやっぱり子育てのこと。

 
私のブログを読んでくれていて

ご自身の子育てについて話してくれました。

ブログ掲載の了承をいただき、書かせていただきます。

現在 小学6年生のお嬢さん。

2年生の時のお友達とのある出来事がきっかけで

少し自信をなくしちゃったんだそう。

4年生になると、学校に行きたがらない日が増えたそうで、

そのまま現在に至るんだそうです。

お母さん=私の同級生は、なんて声をかけたらいいのか

どう対応したらいいのか 悩んでいるそうです。

やっぱり 親は

学校に行って欲しい

みんな行ってるんだから、行くべき

と思っている状態から、無意識に言葉を選んでいますから

かける言葉も押し付けがましかったり、否定したり、

「できない」という視点がスタート地点になっていることが多いですね。

私達がお世話をしなければ 一人では生きていけない赤ちゃんだった頃は、

授乳に、オムツ替えにと、なんでもやってあげなくてはいけませんでしたが

お手伝いをしなくちゃいけないのは、そんなに長い期間じゃありません。

イヤイヤ期と呼ばれる2歳ころから、なんでもやってみたく、やれるようになってきます。

「できない」子としてお手伝いするのは、この時期がくるまで、ではないでしょうか。

なんでもやってみたくなり、私達がすることにイヤイヤするので、私達からみたら、イヤイヤ期なのですが、子どもからしたら、実は自立の一歩をふみ出してるんですよね。

やってみて、失敗しながら
学んでいく、大切な時期。

私は、息子の子育てにおいて、イヤイヤ期でも、手を出し口を出し続け、やらせず、失敗もさせず、経験から学ぶチャンスを奪い続けました。。。

小さな「できた」を積み重ねた子どもは、自分に自信を持つことができます。

また、そんな時 親にたくさん褒めてもらったり、喜んでもらったりした経験から、自己肯定感もアップします。

もう、とっくにそんな時期は過ぎてしまったんだから、どうしようもない?

そんなことはないのです。

気づいた時からできることはたくさんあります。

まずは、早く早く、を言わなくていいように、出発時間から逆算して、一緒に起きる時間を決めようかな、ということに。

そう決めたら

お母さんの方も少し、早く早くを言わないようにちょっとだけ我慢が必要ですが、

それができたら、お母さん自身も小さな一歩 前進ですから、

お母さんの自己肯定感もアップです。

お子さんと一緒に自己肯定感を、ちょっとずつアップして行ってほしいなあ、と思います。

子どもって、親が思ってる以上に、いろんなこと 自力でできるものです。

でも、その力を信じ抜いてあげられなくって、つい、いつまでもお手伝いしちゃうんですよね。

お手伝いをやめて、見守っていきましょう。

こどもの力を信じてあげましょう。

私は息子が小さな頃、できなかったけれど、

中3で学校を転校したとき

高3で学校をやめたとき

あらためて、こども自身が経験することの大切さ、失敗から学ぶことの尊さにきづきました。

こどもは、そうした経験を自分ですることから

じゃ、次はどうしたら失敗しなくてすむかな

と自ら考えだすんです。

私のように、少し遅くたって、気づくことが大切です。

同級生も、小さな気付きを得て、毎日の生活で、ちょっとした声のかけ方を変えていることと思います。

お話ししたことで

小さな一歩でも、前に進んでみようと思ったことが

私はとっても嬉しいです。

親子で自己肯定感をアップ。

まずはここからスタートですね〜。

またいつでもフォローさせていただきますね。

お話し聞かせてもらえて嬉しかったです。

 
*          *          *           *         *

 
私  松田 多恵子は

マザーズコーチングスクール

認定講師 マザーズティーチャーになりました♡

 
マザーズコーチングスクールとは

お母さんが子どものために学ぶ

コミュニケーションスクールです。

 
*      *      *      *      *      *

 
思春期の息子の不登校、退学などを経験し

幼少期を一番密に過ごすママとの関わりがいかに大切だったのか

身を持って感じた私が

息子とのその後の関係を紡ぎ直すため

また、6歳下の娘の育児に活かすため

学び実践してきたコーチング。

あらためて この度

マザーズコーチングスクールの認定講師 マザーズティーチャーになり

私が遠回りしながら気づき、

改めながら、

日々の子育てに取り入れてきたことが凝縮された内容であることに共感しています。

毎日 忙しいママたちに

私のように遠回りしないでほしいから。

迷わないでほしいから。

二度と戻らない、お子さんとの貴重で愛おしい時間を

たくさん笑顔で過ごしてほしいから。

どれが正解で、どれが不正解ではなく、親子の数の分だけある子育ての仕方。

コツやヒントを学んで、その親子さんなりの「子育て 親育ち 」を見つけ、お子さんとともに成長したいママを応援します。

 
*イライラしてお子さんについキツイ言葉を使ってしまうママ

*「~べき」「~ねば」が強いママ

*心配が先に立ち、手や口ばかり出してしまうママ

*早く早く や ちょっと待って が口癖のママ

*お子さんに自己肯定感高く育ってほしいママ

*仕事が忙しく お子さんとのコミュニケーションが不足していると感じているママ

*思春期にお子さんに宇宙人(=会話なし、会話が成り立たない)になって欲しくないママ

*寝顔にごめんね、をやめたいママ

 
こんなママは、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはライン@が便利です。

一対一のトークとなりますので、安心してご利用くださいませ。

 
【マザーズコーチング ベーシック】
0歳〜6歳の子どもとのコミュニケーションについて「心」と「思考」のバランスによってお母さんの言葉の大半が決まることを理解し、バランスを整える方法を学びます。

♡子育てのゴールって何だろう?

♡親の役割って何だろう?

♡お母さんの言葉が生まれる背景とは

♡豊かな心と思考から言葉を生み出すエクササイズ

*教材 テキスト

*所要時間 2時間程度

*受講費 7,560円(税込) テキスト代 含む

【マザーズコーチング アドバンス】

0歳〜6歳の子どもとのコミュニケーションについて、子どもに伝える 言葉そのものの選び方を学び、身につけます。

♡見守る コミュニケーションとは

♡使ってはいけない子育てNGワード

♡自己肯定感を育てるエクササイズ

♡子どもが本音を話してくれる聴き方

♡子どもの考える力、学ぶ力、責任感を育てる質問の仕方

♡怒る と 叱る の違い

*教材 テキスト

*所要時間 2時間程度

*受講費 8640円(税込) テキスト ディプロマ発行代 込み

終了後 ディプロマが発行されます。

☆アドバンスはベーシック受講済みの方が受けられます。

【受講方法】

松田歯科医院 キッズルームにて対面受講 または、ZOOMなどのオンラインでも承ります。

【お申し込み方法】

LINE@からお申し込みいただけます。
お友達登録してみてくださいね。
特典『ママの言葉は魔法の言葉』
ぜひお受けとりください♪
↓↓↓

友だち追加