ちょっとの気配り 声かけで スタッフを輝かせる

今日は夫のはいしゃさん キッズ歯科の唾液検査の予約が入っていました。
6歳の女の子でした。
検査の中で、プラークを採る過程があるのですがそれ以外は保育士 の歯科助手が担当します。
何回かキッズ歯科ミーティングを事前に行っていましたが、実際やるのは彼女も初めてで、昨日の朝のミーティングで、院長から、
「あなたの出来ることを書き出しておいて」と言われると、唾液検査キットの説明書をみながら、手順を確認し始めました。
ちょうど私もキッズ英語の支度でキッズルームにいたので、ちょこちょこ話しをしているうち、彼女が不安そうにしていることに気づきました。
そこで、検査の流れの中で英語の遊びを取り入れたい相談をしてみました。
そうしたら、「じゃ唾液検査の時 一緒に居てもらえますか一人でやるのは不安でした」って顔がぱあっと明るくなって
そのあとは、こうしてああして、といつもどおりの彼女になり。
ほっとした私は、彼女に
「今 書いてくれてる手順のメモ書きが そのままマニュアルになるので、パソコンに入力し、マニュアル化してほしい」旨伝えました。
本当に自分がやるのだ、と当事者意識か出来てから仕事に取り掛かるのは、真剣味が半端じゃなく
ものすごいスピードで、かつ 正確に 物事が進みますね自分のやるべき事が定まった彼女は、それに向かってキラキラと輝いてみえました
「今日のうちに 手順をまとめて院長に提出してもらえたら、きっと院長 本当にあなたのことを信頼し、いろいろなことを任せてくれるようになりますね。あなたはキッズ歯科を引っ張っていく人になるのだから」と伝えて帰宅してきましたが、夜 夫が帰ってくるとやはり、「○○さん、早速 手順をまとめて見せてくれたよ。今日は、みんなを褒めてあげることができてとてもいい日だった」と喜んでいました。
それを聞いて私も安心
少しでも、みんなの役に立てたのなら、良かったです
ちょっとの気配り 声かけで、スタッフさんの気持ちに寄り添えて、得意なことを伸ばしてあげられる そんな体験を 私もできて良かったです
夫とスタッフさんの橋渡し 緩衝材のような役割をしながら、キッズ歯科 キッズ英語も頑張ります
{62E0D63F-AA75-4584-B96A-546434955C16}
 
{08657A58-DB4E-4B43-AB0A-0E1CBBAE33EA}
岩合光昭さんの世界猫歩き 写真展に行って来ました