なつかしのロンドンへ娘と旅しました その2

 
{BE475502-5C93-4318-A355-7477474A4E21:01}
 
    なつかしのロンドンへ、この夏、娘と訪れました。学生の頃、住んだ町。いつか、自分の子供と訪れたいと思ってました。
娘の研修に引率として参加し、中1から高3までのガールズと過ごしました。
旅日記 その2です。
 今日は、ロンドン、free day
予定通りの出発です。
ガールズの練った予定表にしたがい、
まずは、ハリーポッターで有名なキングスクロス駅、9と3/4番線へ。
移動は、tube
ガールズも、ワクワクです
ところが、キングスクロス駅構内で、迷ってしまいました
こどもたち、どんな行動をとるのかな?と様子をみていたら、ℹ︎インフォメーションで、尋ねると。
そこで、またまた、問題が。
さあ、なんて尋ねるの❓
わたしが聞いてしまうのは簡単ですが、それでは、こどもたちの自主性が育ちません。
じっとガマン
すると、ある子が、「係の人に、行き方を聞きたいけど、英語でなんて言ったらいい?」と聞いて来ました。
”How can I get to…?”と伝えると、彼女は、係のおじさんに自分で聞きに行きました。
おじさんに
”Your English is very good❗️”
と褒められ、通じた通じたと、喜ぶ顔を見れて、とても嬉しかったです。
また
町には当たり前のように、金髪のかっこいい男の子が、たくさんいて、ガールズは、一緒に写真撮りたいと大興奮‼️
聞き方を伝えると、またまた、自分から交渉し、一緒にカメラに収まっていました
動機は、なんでもいいよ
伝えたい!って気持ち、伝わったって言う満足感。
それが、とても大事‼️
こどもたちが、英語って楽しい
ちゃんと伝えたら、伝わるんだ
って体験するお手伝いができたこと、とても嬉しいです
英語が話せたら、どんどん世界が広がるね