勉強が出来るこどもが、親にして欲しかったこと

今朝、知り合いと話していたら、なるほどー、と思う話を聞きました。
その方の甥っ子さんは、有名難関大学に進学し、今は2年生。
良く聞けば、中高一貫の私立の学校に通って勉強も頑張っていたそうなんです。
その一貫校は、進学校なので、特に高校からの英語の授業がかなりハードだった、と話していたそうです。
そして、
もっと親には、幼児期から、英語を身につけさせて欲しかった。そしたら、後で、こんな苦労はしなかったのに。
 
と話したそうですよ。
そんなに優秀な彼でも
そんな風に思うんだ。。とちょっと驚きました。
そういえば私も、、
中学生の頃
帰国子女だったら、英語を勉強しなくても
普通に喋れちゃってたんじゃない?
うちのお父さん、海外でお仕事するような人だったらよかったのに
なんて
思ったものです。
某子ども英語教室の講師研修で
聞いたまま 発音したり感覚で英語を身につけていけるのは、6歳ころまで。
とお聞きしました。
やはり、こども自身が気付いて勉強し始める小学校高学年や、中学生になってから、英語英語と言っても、耳を英語にならすのも、大変です。
そんな思いをこどもにさせないために、
英語耳を乳幼児期から、作っていけると良いですよね。
子どもに英語を習わせるなら
絶対ネイティヴの先生がいいよね
という人
やっぱり日本人の先生がいいなあ
という人
お母さんの考えはいろいろですね。
生活も文化も風習も異なる所で生まれ育った方から英語を習うのも
世界とつながる
第一歩としてはよいのかもしれません。
我が家の娘は2歳の頃
ネイティヴの先生が苦手で
日本人の先生にお世話になりまし
た。
聞いたままを発音できるうちに
英語にふれたので
その後、特に家で意識して働きかけることはしてきませんでしたが、
今も発音はとてもきれいです。
今、学校で英語を教科として評価される年になり、慌てなくてすんでいるのは
幼児期のレッスンのおかげだなと
感謝しています。
今は、日本人の先生  発音がきれいな先生もたくさんいらっしゃいます。
同じ日本人として、細やかなところにも目が届いたり
お母さんとの意思疏通も問題ありませんしね。
私はやっぱり日本人派です。
2020年の英語教育 大改革まであとわずか。
大切なお子さんのために。
今からできることを。
時間は巻き戻せないから。
と、いつも心から 思います。

“勉強が出来るこどもが、親にして欲しかったこと” への1件の返信

コメントは受け付けていません。