小浜島旅日記②☆ちゅら島 到着編

息子の引越し話が持ち上がり、引越し屋さんへの問い合わせや、

今、借りている部屋の不動産屋さんへの連絡など、

さらに、フル回転してもまだ足りず。

なんでこんなに、やることが押してるんだろう、、と思ったら。

娘のご褒美旅

https://pompom.blog/%e5%a8%98%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%88-%e2%98%86-%e5%b0%8f%e6%b5%9c%e5%b3%b6%e3%81%ae%e6%97%85%e2%91%a0/

 
ではありましたが、島で5日間遊んだからか、、、。

と思ったら急に、仕方ないか、と思えて来ました。

いろいろ段取りして出かけたつもりでしたが、やはり、予想外のことも起きる日々。

旅日記を書いていたので、綴らせていただきます。

 
小浜島へは、

新潟✈️空港から那覇へ3時間。

那覇から乗り継ぎ石垣空港へ1時間。

石垣島をタクシーで移動すること20分。

離島ターミナルから高速船に乗り30分。

乗り換え時間も含めて新潟から6時間あれば到着します。

新潟発の飛行機は

「利用機到着の遅れのため」出発時刻が少し遅れました。

飛行機は少しくらい遅れるのは仕方ない、とは思いますが、乗り換えがある場合、間に合うかドキドキしちゃいます。

幸い?那覇発石垣行きの飛行機も、遅延したため、乗り換えも問題ありませんでした。

が、、、

この「利用機到着の遅れのため、出発時刻が遅れます」は

この旅、帰路にもつきまとうことになる恐ろしいフレーズとなりました。

石垣島離島ターミナルは、離島への拠点となる港で、

西表島 竹富島 鳩間島 波照間島 黒島など、、

 
船に乗ってどこへでも行けます。

 
石垣島に宿泊しながら、離島へは日帰りで遊ぶことも可能です。

 
私たちも泊めていただき、とても便利だったこちらのホテル ミヤヒラさん。

 
離島桟橋の真ん前に位置し、歩いて船着場に行けます。

 
 

 
高速船は、観光客だけでなく、離島で生活する方の大切な足となっています。

 
1日目は

移動で終わり。

高速船内で放送されていた全国ニュースで

関東に雪が降ったと聞きました。

小浜島もとても寒く、あまり揺れることもない高速船も、今までにないくらい揺れ、遊園地のアトラクションみたいでした。

通常は 半袖に羽織りものがあれば十分な気温、
22〜3度のことが多い沖縄も、

19度と低めの気温に加え北風が冷たく

夜のお散歩もせず、早めに就寝しました。

遅くに到着したため

あまり利用しないホテルのダイニングへ。
 

 
島ならではの食材が並びます。

キノコ麹鍋。

ゴーヤも鍋にいれるんですね。

 
夜遅い食事だったので、夫はお魚を選びました。

なんにもすることが決まっていないお気楽旅。

2日目に続きます。

最後までお読みいただきありがとうございます。