時間はまきもどせないから その2

「時間はまきもどせないから」に続きます
 
英語を、早くから習わせれば習わせるほど、良い!と思われてる方、多いと思います。
私の子ども達が小さい時、私はその考え、半信半疑でした。今も、ただ早ければいい、とは思いません
ただ、英語を聞く耳を育てるには、、適した時期があったのです
   
 
私のように過ぎてから気づいても、時間は、まきもどせないんです
私は、前回お話しした、自分の失敗を機に勉強を始め、英語の音やリズムを大切に、感覚で英語をとらえることに適した小さい頃から聞かせてあげることで、英語を聞いたままに理解し、発音できるようになる力が子どもたちにはある、と知りました。
 
小さい頃は、たくさん、いろいろなことに触れたり、遊んだり
お母さんや保護者の方と、たくさん触れあって、情緒豊かにそだつのが理想だと思います
その遊びの中に、英語の歌やゲーム、体を動かすこと、また、絵本の読み聞かせなどを通し、たくさん英語にふれ、英語耳を作ってあげること、それが、これからの時代を生きていく子どもたちへ、親ができる、「大切なプレゼント」だと、私は考えます
2020年に向け、英語教育改革がはじまります。
問題文が英語で書かれた数学のテストを受けるようになったり、英語のスキルを、英検や、toeicなどの外部試験により、判断されたりと、
今までより、より聞く、話すことが求められ、英語を使って何が出来るのかを、目指すのが当たり前、という時代に生きる子どもたち
英語をさけては、通れないのです。
しかも、英語を感覚でとらえ、認識できるのは、6歳くらいまで、と言われています。
そこを過ぎると今度は、繰り返し書いたりするなどの学習によって知識を得て行くことになります。
書いたり、読んだり、私も含め、英語を学ぶ日本人のほとんどが体験しているように、苦労して、英語を聞けるようになるよう、勉強するわけです
また、いったん英語耳ができてしまった場合、聞かなくなったりしたら、一時的に、衰退することはあっても、0にはならないそうです。
まさに、私の娘がそうであったように
私は、次のことを大事だと考えます
①普段忙しいお母さんも、この時間だけは、ご自分のお子さんのことだけを見てあげられる、親子のふれあいの時間をすごしていただけること。
お子さんもお母さんと一緒という安心した環境の中で、英語に触れられること。
②感覚で、英語を聞ける0歳児から、園に上がる前のお子さんとお母さんに、英語の音やリズムを大事にしながら、たくさん英語を聞いていただき、聞いた英語を踊りや、動き、歌や絵本、触ったりゲームしながら、耳と脳に定着させること。
③アットホームな雰囲気を大切に、お子さんとお母さん方が、不要なストレスを感じなくてすむよう少人数で、時間をすごせること。
近所のおばさんの家に遊びに来たような感覚で
④日本で育ち、環境や生活、思考が同じ日本人だからこそ、お子さんの様子や変化を敏感に感じられ、対応できること。
基本的には英語でのレッスンですが、私自身、二人の子育てを経験しているママであり、子育ての不安、悩みなども、日本語でママたちとコミュニケーションできること。
英語教室や、習い事、といった感覚ではなく、
お母さんが、子育てを楽しみながら英語を生活に取り入れていくサポートができたら、といった感覚でとらえています
{EB1B9868-41D2-4113-8F38-38DB62651338:01}