時間はまきもどせないから 英語版 パートⅡ

あっと言う間にまた一週間が過ぎました
今週は、娘の学年末試験もあり、こちらも気がぬけませんでしたが、、、やっと部活も始まりました
今日のブログは
「時間はまきもどせないから 」の英語版
                                                    つづきです
My daughter and I enjoyed English at a school that  used all English method when she was two years old.
娘が2歳の時にオールイングリッシュによる英語教室に親子で通ってたことを
 
I have a license as an English teacher. And I had some chances to teach English to
Junior high school students after I became a housewife.
私は、中学英語の教員免許があり、主婦になってからも、中学生に放課後、英語を教えたりする機会がありました
At that time I  was half in half doubt.
当時、英語の早期教育について、正直、私は、半信半疑でした。
 
I just thought that it’s better doing it than not doing it .
And we enjoyed the trial lesson at the school.
That is the main reason why I joined the cram school.
やらないより、やったほうがいいくらいにしか思っておらず、娘とその教室に通ったのも、体験して、楽しかったから、がメインの理由でした。
There were  six or seven pairs of parents and children in the class.
We had fun with friends who had different personalities.
As we spent time there, we were getting stressed out about the difference between her friends.
It was the time to enrol in a kindergarten as well.
That’s why we quit the English school.
6~7組の親子でのレッスン、いろいろな個性のお友達がいて、楽しかったですが、通うにつれ、自分のこどもと、他のお友達との、比較合戦みたいなものが、始まり、気持ちが重たくなったのと、娘の入園を機に、その教室は、やめてしまいました。
 
 
明日もまた1日部活に参加する娘のために、早起きしてお弁当をつくります
{E165495E-CF2E-4C3D-8421-97F09DB4D3DE:01}
 
       2015年  夏      ロンドンにて