相手を理解するためにできること

夫が、こんな雑誌を買って帰って来ました
{1E2E3617-1C0A-4C0A-8C52-83348E5E63E8}
 
長男出産の折、何冊か買った記憶がありますが、もう20年近く手に取ったことのない雑誌。
今の我が家には全く必要のない雑誌をなんでと聞いてみたら、、、。
松田歯科医院が、春に始めた子どものための予防歯科。
来てくださる方はまだ赤ちゃんか、2歳〜3歳くらいのお子さんが多いです
出産した方はもとより、これから出産するお母さんにも、赤ちゃんの歯を虫歯にしないよう、赤ちゃんにお母さんの虫歯菌が感染しないよう、お母さんご自身の歯のケアをしてから出産に臨んでいただきたい家族ぐるみで予防してほしいと言う気持ちから、妊婦さん、あるいは産後すぐのお母さんの要望に敏感になれるよう、妊産婦の情報誌を、勉強するために購入したそうなんです
確かに、我が家は、2人とも夫が立ちあっての出産でしたが、普段、妊婦さんが、どのような困ったを抱えているか、男性にはなかなか理解ができないことと思います。
相手の役にたつためには、まず、相手をよく知ることから。
とても大切なことだなぁと思いました
夫がどんなことに、気づき、どんなふうにまた松田歯科を改良していくのか楽しみです
{D3398FC8-A115-4B1F-B42E-70CDE4FAC422}