2020年の大問題

2020年といえば、東京オリンピックが開催されますね。

たくさんの外国人選手を迎え、盛り上がりが期待されます。
それと、もう一つ。

あまり報道されていませんが、教育の大改革。

大学入試センター試験が、新しい制度に変わり、暗記した知識の量が重視されて来た、従来の試験から、思考や判断等、知識の活用力を問うものになると言われています。
英語に関しては、読む、聞くだけではなく、書く、話すも含めた4技能を評価されるようになります。また、この4技能を測る外部の英語能力判定試験で基準スコアを満たせば、英語の試験を受けなくてもいい制度の導入なども検討されているようです。

うちの下の娘は、この春中学一年生になり、まさに、新制度での大学受験となります。あまり時間がないのでどのように4技能のバランスを取って伸ばして行くのか、早急に考えなくてはいけません。

幸い、娘は、英語が大好き爆笑
発音もあまり問題ありません。
自分が発音できる音は、聞き取れるので、リスニングもあまり困難なく、トレーニングしていけるのでは?と期待していますニコニコ また、小学校でも5、6年生で授業化、3年生から週1、2回英語活動が、2020より全面実施されます。より低年齢から、英語が評価されるように、と変化していきます。

さて…うちの娘がなぜ発音が良いのか…。

それは、幼児期に、英語を英語のまま聞き、それを発話する体験をしたからだと思います。
赤ちゃんは、発話が始まる1才頃まで、発話こそしませんが、耳から聞こえてくる音を聞き、蓄えていきます。そして、その音をまねて、発話していきます。

ですから、赤ちゃんはこの時期に、耳から入った音は、日本語でも英語でも関係なく、聞いたままに発音していきます。

うちの娘は、よくよく考えたら、とても理想的な時期に英語を浴びていたのです。
赤ちゃんのこの能力は、6才頃をさかいに低下していってしまうので、0歳から6歳頃までのこの適した時期を逃すことなく英語に触れさせてあげることで、後々苦労することなく、英語を身につけつ行くことが可能といわれています。