歯科衛生士としての成長をサポートする歯科医院になれました♡

月に一回のメンテナンス。

今月後半は、月末から始まる連休の影響もあるのか、アポイントがつまりぎみ。

いつもは午前勤務のママ衛生士 綾さんにメンテナンスをお願いしていますが

今回は 松田歯科医院に新卒で入社し、3年目の歯科衛生士ゆりえちゃんに初めてメンテナンスをお願いしました。

ゆりえちゃんのプロフィールはこちら

↓          ↓           ↓          ↓          ↓

https://www.matsudadent-whitening.jp/s/15clinic-intro/post_115.html
 
 
 
超音波の器械でお掃除がはじまるとすぐ、私は夢の世界へ行ってしまいました。

上の歯の表側、裏側、下の歯の表側、裏側。

それぞれ終わるごとに うがいしてくださ~いってゆりえちゃんに声をかけてもらうたび、こちらの世界に戻って来ていました。

私たちが毎日のブラッシングで磨ける場所は、歯の 歯ぐきから上の部分。

歯ぐきの下に埋まっている部分は磨けません。

この部分のばい菌をお掃除してやっつけないと、歯周病になったり、歯周病が悪化するので

歯ぐきより下の部分は、歯医者さんの専用の器械で定期的にお掃除してもらうことが大切なのです。

新しく入社される衛生士さんや、実習生の練習にたくさんお口を貸した経験から

やはり、技術が未熟なうちは、少し圧が強く感じたりと

眠ってしまう、とは、程遠い時間になりますが

ゆりえちゃんは、入社後すぐに、衛生士の先生でいらっしゃる沢口由美子さんに院内セミナーで技術を教えていただき、日々のお仕事で実践しながら、

問題点を明らかにし、

またその問題点をクリアにすべく、問題課題を持って、東京の沢口由美子先生を訪ね、教えていただいてきました。

これまで いろいろなことがありました。

ゆりえちゃんの後に入社された歯科衛生士さんの退職や、

頼りにしてきたお姉さん衛生士さんの出産による現場離職もありました。

その度に

細くてかよわそうなゆりえちゃんのことが心配でなりませんでした。

歯科衛生士でも歯科医師でもない私は

専門的なアドバイスなどもできず

ただ、毎日様子を見守り、お話できる機会があれば、ゆりえちゃんの話を聞き、

お母さんみたいな関わりしかできませんでした。

ゆりえちゃんは成長したい!と思っていることを信じ

ゆりえちゃんにはそんなパワーが備わっていることを信じ

頼られたらどんなことでもサポートするつもりで

そっと 距離を置きながら、過ごしてきました。

仕上げのパウダークリーニングをしてもらっている時

痛みもなく、スムーズに、

一言で言えば、お口の中を触られていて

一切のストレスを感じさせない指の運びを感じたとき

私は我慢が出来ずに泣いてしまいました。

ゆりえちゃんの成長が嬉しくて。

気持ちよくって、健康になれる 沢口メソッドを患者さんに提供できる松田歯科医院の看板娘に 名実ともになれていることが嬉しくて。

毎日 メンテナンスを受けている患者さんは

私が感じたように、

痛みもなく、気持ちいいと感じでくださり通ってくださっているのでしょうと感じれた時

ゆりえちゃんが入社面接の際、言っていたことを思いだしました。

「緊張や不安を持って来院された患者さんを、帰る時には笑顔にしたい」

あの時 言っていたことを、本当に実践しているすごい子です。

「ごめんね、泣いちゃって。。嬉しくて。。」と うがいをしながら謝りました。

そしたら、私の涙にゆりえちゃんも泣いちゃって。。

「頑張って来て良かったです」って。

私はその言葉にまた泣いちゃいました。

折れてしまいそうに線が細くて かよわそうなゆりえちゃんは

実は

とっても しなやかな 頑張り屋さんでした。

大切に育てて来た我が子が社会に出る時、

どんな職場なんだろう

しっかりやれるだろうか

ご両親はどれだけご心配だったこととかと想像がつきます。

私にもゆりえちゃんと年の近い息子がいるからです。

入社の日

我が子が選んだ道を、職場を信じ

温かく送り出してくださったに違いありません。

我が子も誰かのお世話にきっとなるのです。

3年前の春

一つ年下の息子と姿を重ね

ゆりえちゃんのご両親に

しっかり成長をサポートしますから、と、

心の中で誓ったことを思い出しながら

ゆりえちゃん自身の頑張りと、沢口先生のお力をお借りしながらの

私たちのサポートは間違ってなかったと

今は少しだけホッとしています。

これからも変わらない距離感で

医院のお母さんとして、関わっていきたいと思います。

 
☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 
私、松田 多恵子は

マザーズコーチングスクールの認定講師  マザーズティーチャーになりました♪♪

 
 
思春期の息子の不登校、退学などを経験し

幼少期を一番密に過ごすママとの関わりがいかに大切だったのか

身を持って感じた私が

息子とのその後の関係を紡ぎ直すため

また、6歳下の娘の育児に活かすため

学び実践してきたコーチング。

あらためて この度

マザーズコーチングスクールの認定講師 マザーズティーチャーになり

私が遠回りしながら気づき、

改めながら、

日々の子育てに取り入れてきたことが凝縮された内容であることに共感しています。

毎日 忙しいママたちに

私のように遠回りしないでほしいから。

迷わないでほしいから。

二度と戻らない、お子さんとの貴重で愛おしい時間を

たくさん笑顔で過ごしてほしいから。

どれが正解で、どれが不正解ではなく、親子の数の分だけある子育ての仕方。

コツやヒントを学んで、その親子さんなりの「子育て 親育ち 」を見つけ、お子さんとともに成長したいママを応援します。

*イライラしてお子さんについキツイ言葉を使ってしまうママ

*「~べき」「~ねば」が強いママ

*心配が先に立ち、手や口ばかり出してしまうママ

*早く早く や ちょっと待って が口癖のママ

*お子さんに自己肯定感高く育ってほしいママ

*仕事が忙しく お子さんとのコミュニケーションが不足していると感じているママ

*思春期にお子さんに宇宙人(=会話なし、会話が成り立たない)になって欲しくないママ

*寝顔にごめんね、をやめたいママ

こんなママは、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはライン@が便利です。

一対一のトークとなりますので、安心してご利用くださいませ。

【マザーズコーチング ベーシック】
0歳〜6歳の子どもとのコミュニケーションについて「心」と「思考」のバランスによってお母さんの言葉の大半が決まることを理解し、バランスを整える方法を学びます。

♡子育てのゴールって何だろう?

♡親の役割って何だろう?

♡お母さんの言葉が生まれる背景とは

♡豊かな心と思考から言葉を生み出すエクササイズ

*教材 テキスト

*所要時間 2時間程度

*受講費 7,560円(税込) テキスト代 含む

【マザーズコーチング アドバンス】

0歳〜6歳の子どもとのコミュニケーションについて、子どもに伝える 言葉そのものの選び方を学び、身につけます。

♡見守る コミュニケーションとは

♡使ってはいけない子育てNGワード

♡自己肯定感を育てるエクササイズ

♡子どもが本音を話してくれる聴き方

♡子どもの考える力、学ぶ力、責任感を育てる質問の仕方

♡怒る と 叱る の違い

*教材 テキスト

*所要時間 2時間程度

*受講費 8640円(税込) テキスト ディプロマ発行代 込み

終了後 ディプロマが発行されます。

☆アドバンスはベーシック受講済みの方が受けられます。

【受講方法】

松田歯科医院 キッズルームにて対面受講 または、ZOOMなどのオンラインでも承ります。

【お申し込み方法】

LINE@からお申し込みいただけます。
お友達登録してみてくださいね。
特典『ママの言葉は魔法の言葉』
ぜひお受けとりください♪
↓↓↓

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください